OHKジャーナル

OHKジャーナルではOHKについての様々なコンテンツを発信していきます。

OHK TALK vol.2
一般社団法人輝水会
代表理事 手塚由美さん

2022/4/15

スポーツを楽しむことで心身の自立を促し、認め合える関係づくりを


脳損傷や神経難病などにより生活機能に課題がある人が、水中リハビリテーションやリハビリテーション・スポーツを通して、体力の維持や向上を目指し、患者から生活者となることで輝く人生を送るための心のきっかけづくりを行っている一般社団法人輝水会。障害がある人と障害がない人のどちらかが、してあげる・してもらうという関係ではなく、スポーツを共に楽しむ仲間になることで、社会参加を促していきたいと2012年に設立されました。代表理事を務める手塚由美さんに、同じ世田谷区で活動を続けるOHKの川尻健市が話をうかがいました。


水の中で人は輝く

川尻 今日はいろいろとお話を聞きたいと思っているのですが、まずは輝水会を立ち上げた経緯から教えてください。
 
手塚 私は大学時代に競泳をやっていて、卒業を機に水泳のインストラクターとして働き始めました。最初は一般の方が対象で、その中に腰痛や膝痛で悩む高齢者が参加されていたため、水中で腰や膝に負担をかけずに筋力を上げていくための指導をしていました。以前よりも動けるようになったり、心が前向きになって元気を取り戻していく方々を見てやりがいを感じるようになり、整体や心理学、水中整体を学んでパーソナルレッスンを行っていたところ、輝水会設立のきっかけになった人たちと出会いました。
 
川尻 輝水会の委員を務める三嶋さんですか。
 
手塚 三嶋ともう一人、リハビリを行いたいので一緒にプールに行ってほしいとお願いされた方に、ほぼ同時期に出会ったんです。麻痺のある方に対応したのはその時が初めてでしたが、今まで高齢者向けに行ってきたことが、そのまま応用できると気付きました。自分が得意としてきた水の中のことで、こんなにもお役に立てるならもっと力を入れたいという思いが強くなりました。
 
川尻 三嶋さんは健康だった時は泳げなかったのに、プールでリハビリを続けたことで泳げるようになったそうですね。
 
手塚 そうです。三嶋は脳出血を発症して重度の言語障害と片麻痺が残ったのですが、発症する前は弁護士として活躍していました。発症したことで仕事を失い、人生のどん底を味わったようですが、1年かけて泳げるようになってからは徐々に気持ちも変わっていったようです。出会った後に私は輝水会とは関係ない相談を持ちかけたのですが、三嶋は「障害のある自分に頼み事をするなんて」と驚いたみたいです。けれど「自分にできることで人が喜んでくれるなら、もう一回頑張ろう」と奮起し、協力してくれました。その後、活動を組織化して水中リハビリテーション(以下水中リハビリ)を広めていこうと話はまとまり、輝水会を一緒に立ち上げました。
 


ボッチャ、卓球、プールの三つをセットに

川尻 水中リハビリに、リハビリテーション・スポーツ(以下リハ・スポーツ)が加わったのは、いつ頃からですか。
 
手塚 リハ・スポーツはもともと横浜市にある障害者スポーツ文化センター横浜ラポールで実施されていたプログラムで、障害のある人たちが社会に参加していくための一歩としてボッチャや卓球が取り入れられていました。そこでリハ・スポーツを伝授いただいて世田谷区の助成を受けながら、普及に取り組み始めたのが2016年です。
 
川尻 リハ・スポーツはボッチャと卓球と水泳を組み合わせたものです。初回にオリエンテーションを行った後は、ボッチャ、卓球、プールをそれぞれ3回ずつ行うと聞いていますが、どうして三つを組み合わせているんでしょうか。
 
手塚 私は水の中が得意なので、プールを入れたプログラムにしたいと思っていました。ボッチャと卓球は、道具さえあれば体育館でなくてもできます。手軽にできることも重視しました。プログラムの最後は一番ハードルが高いと感じられるプールに入りますが、できないと思っていたことができるようになると達成感が得られ、自信がつきます。歩くことも不自由な人がプールに入るわけですから、最初はみなさん怖がられますが、いざプールに入ると本当に嬉しそうな顔をされますよ。
 
川尻 どのプールでも実施できるんですか。
 
手塚 できますが、プールに入る階段の両側に手すりがついているなど、リハ・スポーツを行う人にとって重要な設備が整っているプールは少ないです。ただ世田谷区には水中活動室という水中リハビリのためにつくられたプールが一つあって、そこにはリフトが設置されているので歩けなくてもプールに入ることができます。
 
川尻 そんなプールがあるとは、世田谷区で活動しているのに知らなかったです。
 


口コミが一番の広報ツール

川尻 リハ・スポーツの参加者は、どこで情報を得て参加されるケースが多いんですか。
 
手塚 当事者から直接お問い合わせいただくケースはほぼありません。担当医やケアマネージャーといった関係者から紹介されて参加されるケースが一番多いです。区報に情報を掲載したりしていますが、それだけではなかなか広まりません。近しい人からの口コミが一番効果的かなと思っています。
 
川尻 僕も口コミが効果的だと思っています。
 
手塚 信頼できる人の言葉は響きますからね。でも口コミだけで、果たして本当にリハ・スポーツを体験してほしい人に情報が伝わるのかと疑問に思います。
 
川尻 OHKもまったく同じです。ファッション感度の高い人は、すでに自分に合ったお洋服を選んで着ています。OHKのお洋服を本当に届けたい人というのは、これまでおしゃれに興味がなかったり、ケガをしたことで今まで着ていたお洋服が合わなくなった人です。そういう人たちにOHKのお洋服を手に取っていただいて、ファッション的な自立に役立ててほしいですし、生活の中の楽しさが増えるアイテム、ブランドにしたいと思っていますが、どうすれば当事者に情報が届くのかと僕も悩んでいます。
輝水会は設立からすでに10年経っていますが、活動を周知していくにはそれくらい時間がかかることなのかなと、話を聞いていて身につまされる思いがしました。いろいろ失敗しながらでも諦めないことが大事なんでしょうね。
 
手塚 知り合いのPT(理学療法士)やOT(作業療法士)のメンバーを紹介しますよ。私も最初は全然知り合いがいなくて苦労しました。世田谷区でも頑張っている人は多いですが、異業種交流のような活動がないとお互いことを知る機会も少ないですよね。どの分野で活動しているのかに関係なく横のつながりができたら、情報も活発に行き交うようになると思います。
 


リハビリではなくレジリエンス

手塚 OHKのお洋服は、当事者の声があって生まれたと聞いています。みなさんに話を聞くとこちらが思いつかないようなアイデアがたくさん出てきますよね。
 
川尻 そうです。OHKは知り合いの理学療法士から相談を受けて、片手でも着やすいユニバーサルなお洋服をということで考え、当事者の方々に試着してもらって改良を重ねてきました。また現在、片麻痺の方に協力いただいて、その方に合わせたお洋服をつくるプロジェクトを進めています。その過程で得られた知見を、既存のアイテムに反映していくことで、改良を重ねていきたいと考えています。
 
手塚 OHKのサイトを拝見すると女性がお洋服を着ていらっしゃるけれど、例えばサルエルパンツは男性でも着用できますよね。ご夫婦で介助する側になるのは大抵が奥様です。だから奥様がご主人に着せやすいものとか、女性から見て購入したいなと思える商品だとさらに広がるのではないでしょうか。
 
川尻 女性向けとして開発しましたが、男性のユーザーさんもいらっしゃいます。ウエスト部分に紐を付けているので、片手でもウエストのところまで簡単に上げられますから、介助する側の人たちに訴求できればいいですね。貴重なアドバイスありがとうございます。では最後に輝水会の今後の目標を教えてください。
 
手塚 障害者スポーツをもっと普通に地域に根付かせて、障害があるなしに関係なく誰もが一緒にスポーツを楽しむ文化をつくりたいです。スポーツを一緒に楽しむなかで、ちょっと困っている人がいたらこんなふうに助けようという気付きを得たり、逆に障害のある人が誰かにサポートしてもらうのを待つだけじゃなくて、自分から声を上げていくべきなんだと知る。リハ・スポーツは、そんな学びの場づくりつながると思っています。
 
川尻 そうですね。僕もOHKを通して、障害があるなしに関係なく、誰もがおしゃれを楽しんでほしいと思っています。取り組んでいることは違いますが、目指している方向は同じですね。
 
手塚 おっしゃるとおりです。より多くの人が参加しやすいように、今後は「レジリエンススポーツ」という名称にしようと考えています。これは当事者から「私たちがやっているのはリハビリではなくレジリエンスだ」と聞いたことで思いつきました。レジリエンスには、緩やかに回復していくとか、跳ね上がる力といった意味があります。リハビリというと辛くて、きつくて、大変という印象がありますが、私たちの活動は当事者がゆるやかに回復していくためのものです。スポーツや人との交流を通して、ちょっと心が活性化した結果、身体も少しずつ動くようになっていくことが目的ですから、障害のある人だけでなく、高齢者や若い人など世代に関係なく参加していただきたいですね。
 


OHK TALK vol.1
Mission ARM Japan
理事長 倉澤奈津子さん

2020/4/16

障がい者の生活を支える活動をするみなさんをご紹介し、向き合っている社会課題からユニバーサルファッションの話まで、ざっくばらんにお伺いする対談シリーズ。

お相手は、OHKを企画・販売している(株)ホリデー商店 社長・川尻健市がつとめます。



川尻まず初めにMission ARM Japanという団体についてお聞かせいただけますか。
 
倉澤:Mission ARM Japanは腕や手がない方や切断された方、また腕や手が使えなくなった方々が集まり、その障害の当事者(以下、当事者)が中心となり活動しています。具体的には上肢障害という多様な当事者さんと一緒に生活の話、幻肢痛の話、身体の使い方の話等々をお話しする「Mカフェ」というコミュニティを運営しています。
 
私も実際に2011年に病気をして障がい者になったのですが、最初はあまりにも情報が少なくて。でもその少ない情報でも知ることで安心できたり、病院で知り合った仲間と支え合いながらどうしたらいいかというヒントを見つけたり、いくつもの心強くなれる出来事があったので、そういう当事者同志が話せる場所、その障がいについてオープンに話せる場所を作りたいと思って活動を始めました。
それにプラスして、もっとこうしたらいいんじゃないか、こういうものがあってもいいいんじゃないか、など当事者ならではの発想がたくさんあるので、それを一緒に作っていただけるエンジニアや、ものづくりをしている方にフィードバックする情報収集・発信の活動もしています。
 
サロン会は
あきらめや妥協をせず
当事者として素直な思いを
伝えられる場


川尻先日サロン会に参加させていただいたのですが、その時は当事者以外の方もいましたね。バリアフリー建築の方や装具を製作されているエンジニアの方などもいました。
 
倉澤:エンジニアや建築の方以外にもお医者さんや医療関係の方々、福祉の方、洋服のデザイナーの方などもいらしてます。
みなさん何か助けになることがしたいと思っていても、当事者から直接率直な意見を聞ける機会はなかなかないのではないかと思って、そういう場を作りました。最近ではいろいろなところでこのような機会が増えてきているので、当事者も以前より意見を伝えやすくなってきているのではないかと思います。
 
川尻義肢装具士さんは、もともと福祉の視点からものづくりをされているので当事者の方々から意見を聞く場面が多いかと思いますが、私たちはファッションの世界から福祉の世界へ異業種からの参入で、 当事者の方々のご意見をいただく機会がなかなかなかったので、本当に貴重な経験になりました。
 
倉澤:義肢装具士の方々に対しても“作ってもらっている”という感覚があって、不満があったとしても言いづらかったりしたと思うのですが、こういう場があることで当事者もちゃんと意見を出さなきゃ、という感じになってきています。
洋服に関しても同様で、普通にお店に買いに行けばそこにある物は買えるけれど、どこかにあきらめや妥協があったり、悩んでいる方もいらっしゃるので、私たちが橋渡しとして「こんな服を欲しがっている人たちがいるよ」というのをものづくりの方々に伝えるインターフェイスになれればと思っています。
 
川尻本当に良い場だなと感じました。
私たちのOHKを始めたきっかけが理学療法士との出会いという事もあり、片麻痺の方々との交流も多いのですが、団体の運営が先生だったり理学療法士だったりと、当事者でないことが多かったんです。なので当事者の方が主体で運営されているのがとても良いなと感じました。
 
倉澤:患者会というのもありますが、患者という立ち位置だとどうしても言いにくい事があるんです。そうではなくて、ユーザーとしてちゃんと使って評価することで、身体が少し不自由になった方の参考になったり、作り手側の改善の目安になったりすれば、私たちとしても参加しがいがあるし、存在意義が感じられると思います。また橋渡しをする場合も、全くの異業種だったりするとなぜ紹介するのか?どうやって知り合ったのか?も共有できると面白いなと思っています。


川尻当事者の方が団体を運営し、なおかつ作り手側とのコミュニケーションを取って一緒に開発していく、というケースは本当にユニークですよね。
 
倉澤:私が主婦ということもあり、また年齢的にも比較的時間があったことで、いろいろな人と知り合い、意見を聞くことができて、個人としても活動の幅が広がったかなと思います。
私は肩から先の腕や手がないのですが、同じような方だけとのコミュニケーションを考えていたらここまで広がらなかったと思います。
上肢障害は腕や手が使えない、腕や手や指がない、どこからない・使えないなどの多様性があるのですが、そういうまとめ方ではなくて、単純に「片手」であったり「手が使えない」といった共通点で見ていくとたくさん意見が出たり、新しい発見が生まれてくるんです。
Mission ARM Japanという団体の名前にもあるのですが、腕をなくして塞ぎこむのではなくて、自分たちが世の中に対して何か出来るかもしれない、不自由を逆の発想で考えてみたら何か良い事につながるかもしれない、そういう使命(ミッション)をもって生きてみるのも良いのかな?と思ってやっています。  


 

川尻当事者として、服選びの悩みやこだわり、要望はありますか?
 
倉澤:腕を失った当初は装具(肩パッド)をして洋服を着て外に出るのが大変な作業だったんですけど、今は慣れてきて、どの服をどう着ようって楽しめるようになりました。
今の最新の肩パッドは身体に合わせてピッタリとしていて素材も柔らかく軽いので、服を着て外出すること、自然になったことは嬉しいですね。
ゆったりとした服しかもう着られないんだとか、ピッタリした服はもう着られないんだ、というネガティブな気持ちではなくて、こうアレンジをしよう、こうやって着こなしてみよう、という気持ちになってきています。
ただ、冬物は長袖になるのでどうしても片方の袖がだらんとしてしまって、周りの目を気にしてしまいます。アクセサリーを付けたりして、そこに気を使っているというアピールはどうかな、と工夫しています。例えば、袖をオシャレなピンやブローチで留めたりして、ワンポイントのさりげないおしゃれが出来ると良いなと思っています。


OHKの服はニット的
シャーリング加工の工夫で
身体についてきてくれる

 
川尻今回事前に倉澤さんにOHKの服をお渡しして、実際に着ていただいていますが、いかがでしたか?
 
倉澤:綿の服は縫い目が破れてしまいそうな気がしていて、大きめのものを買ってしまう事が多いのですが、OHKの服はニット的といいますか、ちょっとずれてもちゃんと身体についてきてくれて、特に首元はシャーリング加工が効いていて全く気にならずに過ごせました。
それから、どうしても襟元から装具(肩パッド)が見えてしまう事が多く、いつも襟元を触って確認しているのですが、OHKの服を着ているとそういう事が少なくて気に入りました。



倉澤さんが着ているのはOHKのプルオーバー(カディ)


川尻先日のサロン会では、カットソーやニットなど伸びる素材の服を着ていた方が多かったんですが、そういう素材の服は重くなる傾向があって軽い服が欲しいというニーズがありました。綿の服でもシャーリングなどの工夫で伸縮性を持ちつつも軽くすることができて、ニーズにお応えできているのではと思っています。
 
倉澤:ホントに軽くて着てるのを忘れそうでしたよ!最初は軽いのでズレて装具が見えているんじゃないかと思う事がありましたが、大丈夫でした。
チクチクもしないし快適です。シャーリングが機能的であると同時にデザイン的にもアクセントになっていておしゃれだな〜って思いますよ。
 
川尻背中にもシャーリングが入っていて、それも機能的でありつつ見た目のアクセントにもなっています。
 
倉澤:私が服に対して大事にするポイントは、まず脱ぎ着がしやすい、袖のことを考えて重ね着も出来るデザインなんです。脱ぎ着しやすいけど、絞ったりして体のラインを出せるとさらに良いかな?
 
川尻脱ぎ着のしやすさというのは一つのおしゃれの要素だと思っていて、やっぱり着るのが億劫になると面倒になって出無精になっちゃうと思うんですよね。
 
倉澤:私はお店で買う時にはなるべく試着するんですけど、面倒な時は試着しないで買っちゃって、家に帰って着ようとしたら大変だったという事がよくあるので、着やすく作られているのは助かりますね。
あと、袖に関しては内側に折り込んで入れてしまう方もいたりと、腕の長さが様々なので着る前に長さを調節できると良いですね。
それから水仕事をするときなどにサッと簡単に短めに出来る機能とかあると良いですね。
 
川尻男性の方は普段ネクタイに苦戦されているみたいですね。シャツもボタンを留めるのが面倒なのでボタンを閉めたままで上から被るのが楽だと言ってました。
 
倉澤:ボタンは上に行くほど留めにくくなるので、上の方だけマグネットボタンとか、そういう工夫もあると良いですね。
 
川尻袖の話もそうですけど、そういうご要望はこちらでも耳にしておりまして、セミオーダーで個別に対応していく事も考えています。
 
倉澤:服のリフォーム屋さんでもお願いすればやっていただけるんですけど、結構高いので購入時にちょっとプラスで加工してもらえるとすぐに着られるし良いですよね。




川尻生地についてはどう感じましたか?
 
倉澤:この生地はすごく好きですよ。なにより軽いし、この生地でこういうフワリとしたデザインだとシワになっても気にならないのが良いです。
 
川尻アイロンがけも必要ないですよ。
 
倉澤:シャーリングとの相性もいいというか、紐などで絞ったりしてもシワが気にならないので良いです。手が不自由だとアイロンがけって億劫なので、アイロンがけしなくていいのも良いですね。
 
川尻お手入れの楽さというのも世の中全体のトレンドになって来ていて、楽ちんというのは今後もキーワードになっていくと思います。
 
倉澤:クシャクシャ感が味になっていて、逆にこのクシャクシャ感じゃないと、っていう目線になるのが良いですよね。
 
川尻インド綿はそういう意味ではとても良いマッチングなんです。 軽さ、肌触りの良さ、お手入れが簡単、月日が経っても独特の風合いが出る、などなど、機能性を重視した服にはすごく向いていると思っています。
今まさに第二弾のデザインを開発中でして、良いタイミングでこのような機会をいただけてデザイナーともども、感謝しております。
 
倉澤:作り手側と実際に使う人が直接話が出来るって双方にとって、とても有益な事ですよね。
 
川尻デザイナーからすると、ある程度落とし込みたいデザインというのがあるんですが、機能性だけには寄せたくなくて、着ていて気分が上がる服を作りたいと思っていて、機能性とファッションのせめぎ合いになるんですけど、実際にこうやって直接意見をぶつけてもらいながら取り組めると良いものが出来ると思います。
 
倉澤:あ、あと秋冬物やコートもあると非常に嬉しいです!
 
川尻コートはちょっと難しいかもしれませんが、秋冬物は検討させていただきます。
やっぱり選ぶ楽しさを提供したいというのがありますので!
本日は大変貴重なご意見、ありがとうございました。
今後も切磋琢磨しながら良い製品づくりにご協力いただければと思っております。



 
上肢障害者となった方々が"心豊かに生活する"ためにはどのようにしていったら良いかを模索し、支援し、片腕であっても不安なく生活できることを目指して活動しているMission ARM Japan理事長の倉澤さん。
 
OHKも上肢障害者の方々にとって良いプロダクトになるべくMission ARM Japanの活動に協力して行ければと思います。
倉澤さん、どうもありがとうございました!!


>>NPO法人Mission ARM Japan ホームページ